同時に予約でお得

レンタカーが必要になるケースは人によって様々でしょう。特に旅行先で必要になることはよくあり、電車や飛行機の予約と同時にレンタカーを予約すると通常より安くなる場合があります。上手い活用が大事でしょう。

詳細はコチラ

高速バスがアツい

高速バスを利用すると長距離を移動を比較的安くで利用できるメリットが有ります。中でも深夜バスでは道が空いていることもあって比較的早く、そして料金も安くすることが可能です。中にはトイレ付きのバスも存在します。

詳細はコチラ

空港の駐車場事情

飛行機を利用する際は空港に向かいますが、乗っている車の駐車問題があります。公共の交通機関で向かえばそんな心配はいらないですが、車で向かうのなら駐車場選びも大切になり、事前に確認する必要があります。

詳細はコチラ

福祉車両もレンタル

一般の車両と同じように借りることができます。

レンタカー会社では、福祉車両をレンタルすることができます。福祉車両には、車椅子に乗ったまま乗車できるリフトやスロープが装備されている車両や、助手席などが回転・スライド・リフトアップできる車両などがあります。これらが装備されている車両が、6時間6000円〜17000円程度の料金でレンタカーとして借りることが来ます。これは、一般車両のレンタカー料金と同等です。車両の大きさによって、料金が変わります。最近は軽自動車の福祉車両も増えて、より気軽にレンタルできるようになって来ました。レンタカー会社によっては、優待料金として、介護保険受給者・身体障害者手帳保有者・療育手帳保有者の方には、割引料金を設定しているところもあるようです。

福祉車両も自分が選ぶ時代になりました。

福祉車両の登場は、1960年代にさかのぼります。初めは、下肢障害者のための手動補助装置がついたものや、施設送迎用のワンボックス車でした。これは、改造業者での後付改造の特殊車両です。障害者の外出が一般的ではなかった時代でもあり、福祉車両の数も極めて少数でした。1980年代になると、大手メーカーが福祉車両の製造を手がけるようになりました。車両そのものの増えましたが、福祉業者などの法人所有だけでなく、個人で福祉車両を購入することも増えました。しかし、まだ車両の価格が高額でした。2000年代になり、福祉車両の価格を、以前よりも安くできるようになったこともあり、その数は飛躍的に増えました。施設送迎用だけではなく、個人ユースも格段に増えて、福祉車両は特殊車両ではなくなりつつあります。購入だけではなく、レンタカー会社が、福祉車両をレンタル車両のラインナップに加えることも、当たり前のことになってきました。

格安航空券の将来

ローコストキャリアの登場で格安航空券は更に格安になりつつあります。特に近隣へ向かう航空券は数多く存在し、競争が激しいこともあり格安な値段で購入することが可能です。ただし注意も必要なので予め確認することがいいでしょう。

詳細はコチラ